ドッグフードを人間が食べても大丈夫?

ドッグフードを人間が食べても大丈夫?

ドッグフードを人間が食べても大丈夫なのか?と考えてみたことがある方もいるでしょう。

 

ドッグフードは、無添加のもの、またオーガニックのものなど、さまざまな製品が販売されており、人間でも食べることができる、といわれているようなものもあります。

 

しかし、ドッグフードを人間が食べても大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言うと、ドッグフードを人間が食べるのは、非常に危険であるといえるでしょう。

 

なぜなら、人間が食べる食べ物は、きちんとした法律で定められていますが、ドッグフードは人間が食べる食べ物での法律よりも、ずっとゆるめに定められています。

 

たとえば、人間が食べて悪影響のあるもの、発がん性のあるものなども含まれていることもありこれらを食べ続けていると、体内に蓄積されていくということにもなりかねません。

 

また、ドッグフードには、病気になってしまった動物や、また安楽死された動物の肉などが使われていることも多く、正直何が入っているのかわからないという状態です。

 

このため、ドッグフードは、犬には大変良いのですが、人間が食べてしまったりすると、体調を崩してしまうということにもなりかねませんので、注意をすることが必要です。"

穀物不使用のドッグフードはおすすめ

 

ドッグフードにはさまざまな種類があります。

 

しかし、ドッグフードには質が良いものから、悪いものまでさまざまであり、適切なカロリーと栄養素のものを選ぶことが必要です。

 

最近では、アレルギー症状などに悩まされている犬もいますが、この場合、穀物不使用のドッグフードなどは大変お勧めです。

 

なぜ、穀物不使用が良いのかというと、まず犬は肉食の動物であるため、穀物などを食べる場合、消化に良くないことが多いです。

 

人間のように、穀物などを消化し、そして吸収するというのが苦手であり、これらの穀物を食べ過ぎてしまうと、アレルギーの原因となったり、消化不良を起こしてしまいやすくなります。

 

このため、ドッグフードを選ぶ際には、なるべく穀物が不使用のものを選ぶということが必要です。

 

また、穀物には、ほとんど栄養素というものが含まれておらず、かさましのために入れられていることも多いのです。

 

このため、穀物の含まれているものを避けるため、原材料などをしっかりと確認するようにしましょう。ドッグフードは人間の場合と同じにしがちですが、犬にとって理想的といわれている材料は肉であり、肉が含まれているドッグフードをたくさん食べることが必要となります。